八木 一夫  /  KAZUO YAGI

■プロフィール

1918年 京都に、陶芸家・八木一艸の長男として生まれる

1937年 京都市立美術工芸学校彫刻科卒業

    国立陶磁器試験場の伝習生となり、沼田一雅に師事する

1947年 青年作陶家集団の趣意書を発表、八木が事務所を引き受ける

1948年 青年作陶家集団が芸術上の意見の相違から解散

    7月、鈴木治、山田光、松井美介、叶哲夫と「走泥社」を結成

1949年 七彩工芸(京都)の嘱託となり、マネキンを造る

 

1952年 染織作家の高木敏子と結婚

 

1957年 京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)彫刻科の非常勤講師

    この年、黒陶作品の制作を始める

1964年 「現代国際陶芸展」(国立近代美術館・朝日新聞社主催)の実行委員を委嘱される

1965年 「日本の新しい絵画と彫刻」(ニューヨーク近代美術館主催 アメリカ巡回)に出品した「女王」はサンフランシスコ近代美術館、「雲の記憶」はニューヨーク近代美術館に所蔵される

 

    ホアン・ミロが来日、桂離宮、信楽に同行する

 

1968年 京都教育大学非常勤講師となる(1971年3月まで)

 

1969年 『八木一夫作品集』(求龍堂)が刊行

 

1971年 京都市立芸術大学美術学部陶芸科教授に就任

     札幌冬季オリンピックのメダルを田中一光とともにデザインする

 

 

1976年 工房「米僴居 牙州窯」を宇治市炭山に開窯

    『懐中の風景』(講談社)を刊行

 

 

1979年 心不全のため急逝

■受賞歴等

1947年 第3回日展で入選、これ以後、日展への出品をやめる

1948年 京展で「金環触」が京都賞受賞

1959年 第2回オステンド国際陶芸展(ベルギー)で「鉄象嵌花器」がグランプリ受賞

1962年 第3回プラハ国際陶芸展(チェコスロバキア)で「碑、妃」がグランプリ受賞

1973年 日本陶磁協会賞金賞受賞

■個展・グループ展

1947年 青年作陶家集団第1回展に「掻落向日葵図壺」を出品

1948年 新匠工芸会の第1回展に出品

    第1回走泥社展(大阪・髙島屋)を開催する

1949年 八木一艸、一夫の2人展(京都・朝日画廊

1950年 「少女低唱」など4点がニューヨーク近代美術館に展示される

    「現代日本陶芸展」(パリ・チェルヌスキ―美術館)に出品

1951年 ファエンツァ国際陶芸美術館(イタリア)の日本部創設に伴い、作品を出品

 

    東京での初の走泥社展(銀座・和光)が開催される

1954年 個展(京都府ギャラリー)

    個展(東京・フォルム画廊)で、記念碑的作品「ザムザ氏の散歩」を発表

 

1955年 個展(大阪・梅田画廊

1957年 ミラノトリエンナーレ国際工芸展(イタリア)に歩行を出品

1959年 「現代日本の陶芸展」(東京国立近代美術館)に出品

1961年 京都・パリ交歓陶芸展(フランス・セーブル付属博物館)に出品

1963年 「現代日本陶芸の展望展」(国立近代美術館京都分館)に出品

1964年 「現代国際陶芸展」(国立近代美術館・朝日新聞社主催)に「黒陶」を出品する

1965年 「日本の新しい絵画と彫刻」(ニューヨーク近代美術館主催 アメリカ巡回)に出品

    「八木一夫・熊倉順吉2人展」(仙台・丸善画廊)

    個展(ロサンゼルス・フェイガン パルマーギャラリー

 

    「八木一夫展」(京都市立美術館)

    「八木一夫 壺展」(東京・壱番館画廊)

1967年 「辻晉堂・八木一夫展」(東京・壱番館画廊)

1968年 「陶 八木一夫展」(東京・新宿伊勢丹)

 

    創立20周年記念 第31回走泥社展(京都市美術館)

1969年 「八木一夫作品集刊行記念展」(東京・壱番館画廊)

    「八木一夫銅器展」(東京・新宿伊勢丹)

1971年 「現代の陶芸-アメリカ・カナダ・メキシコと日本展」(京都/東京国立近代美術館)に「頁1」「頁2」「頁3」を出品する

1972年 「八木一夫個展」(東京・新宿伊勢丹)で本のシリーズを発表

1974年 「八木一夫展」(京都・立体ギャラリー射手座)で黒陶による手のシリーズを発表

1975年 「八木一夫花の器展」(東京・益田屋)

 

    「八木一夫版画展」(京都・平安画廊)

1976年 「日本陶磁名品展」(東ドイツ・ロストック/ドレスデン)に「信楽土管」「名月」など出品

1977年 「八木一夫-いつも離陸の角度で」(大阪・カサハラ画廊)

    個展(東京・新宿伊勢丹)で「じわじわと脱いでいく」など発表

 

    創立30周年記念展 第40回走泥展が開催される

1978年 パリで「八木一夫陶彫展」(カサハラ画廊主催 グランパレ)が開かれ高評を博す

    「八木一夫、鈴木治茶陶2人展」(東京・益田屋)

    還暦記念八木一夫展(東京・新宿伊勢丹)

 

    「日本陶芸展」(文化庁主催 西ドイツ巡回)に「花をもつ少女」を出品