土田 康彦  /  YASUHIKO TSUCHIDA



◆経歴

 

1969年 大阪市に生まれる

1988年 辻調理師専門学校卒業後渡仏。パリで食と芸術の道を志す

1992年 ヴェネツィアに移り、老舗レストラン・バー「ハーリーズ・バー」に勤務するかたわらイタリア各地で絵画作品による個展を開催

1995年 ムラノ島でガラス制作を開始

1996年 スキアヴァン・ガラス社アート・ディレクター就任

    ガラス彫刻バンブーシリーズを発表。世界各地で展覧会を開催

 

2003年 ヴェネツィア・ガラス研究所理事長就任

2004年 デュッセルドルフ名誉技術賞受賞

2008年 文化振興貢献者褒賞受賞(グロッセート市、トスカーナ州)

    第11回彫刻およびインスタレーション・オープン国際美術展(ヴェネツィア)に日本代表として参加。最優秀グランプリ受賞

2012年 個展(軽井沢ニューアートミュージアム)、イマジン・シリーズ発表

2013年 個展(NewArtLab/銀座)、運命の交差点シリーズを発表

2014年 第53回日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞

    同展は京都市美術館、金沢21世紀美術館など全国8か所を巡回

    琉球ガラス村(沖縄県糸満市)の招きで4か月滞在し、新作<民族性・DNA>を制作

2015年 ミラノ万国博覧会の日本館にて、書家・アーティストの紫舟による書をモチーフにしたガラス彫刻作品を展示。日本館は最優秀金賞受賞

    作品集『運命の交差点』出版。第57回全国カタログ展でフジサンケイビジネスアイ賞と部門賞金賞受賞

    個展「DNA-民族性」(沖縄県立美術館)

2016年 第15回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の日本館で、403architecture[dajiba]による《ヴェネツィア橋》の制作に協力。日本館は審査員特別賞受賞。

    個展(大雅堂/京都)

2017年 イマジン・ミュージアム(フロリダ州)が〈孔雀〉〈蜃気楼〉、〈ウインドウ〉を永久所蔵

2018年 ラシーン美術館(ウィスコンシン州)のグループ展「GlassCollection」に〈孔雀〉シリーズを出品

    個展(大雅堂/京都)

2019年 トヨタの高級車レクサスのCMに作品を提供。

    回顧展「1969~2019ヴェネツィアの伝統と革新 土田康彦」(日本橋三越本店画廊)

    第7回日本美術展覧会(日展)に入選。(新国立美術館)