現在の展覧会 Current Exhibition




次回開催予定

 eggo 0070 水谷 昌人「階段に降りる魂」

水谷昌人「Landing on the moon」16×23㎝

水谷昌人

■会期

2019年6月20日(Thu)~6月29日(Sat) 10:00~18:00(会期中無休)

大雅堂 1F 展示室 ※入場無料

 

■展示内容

このたび、上記の展覧会を開催する運びとなりました。キャンバスからうねうねと絵具が出ている様は、グロテスクな印象もあれば、繊細でもあります。水谷先生はパネルの裏面に20世紀の絵画の巨匠達の作品をコピーした画像を貼り、そのイメージの形や色をヒントに絵具を絞り出す、という方法で制作しています。彼の特徴的な作品をこの機会にぜひご高覧ください。

 

【展覧会に向けた作家のコメント】

近代西洋による歴史の進歩という考えは未開から段階を踏んで高度に対する。 日本では文明の内容を西洋文明にそのまま置き換え、明治には文明開化とよばれた。今だに日本の芸術はこの置き換えからのズレや問題がありながら作品が生まれ続けている。 かつて仏教が伝来した時のように西洋文明も取り入れることができると思う。 私は西洋がもたらしたモダニズムを通して(高度を目指すのではなく)すでにある、より多くの人が迎えられる状態に誘導したい。

 

【出展作品について】

7点


■プロフィール

1990年  大阪府生まれ

2013年  京都造形芸術大学 美術工芸学科洋画コース 総合造形ゼミ卒業

2016年  京都市立芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻油画コース修了

■主な展示歴

個展

2015  gallery take two「UNREADY'UN ODYSSEY」

2016  TS4312「水谷昌人展」

2018  TS4312「ISANAI」 FINCH ARTS「Sex and the Bacon」

グループ展

2015  Antenna Media : AM 「Love is perspective」

2016  GALLERY MoMo「Under 29 Artists Exhibition 2016」

    丸ビル「a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2016」

    京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA「通りぬけフープ」    2017  スタジオハイデンバン 「JOINT EXHIBITION」

    京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA 「京芸 transmit program」     青春画廊 西陣 「 open house」

2018  ホテル ナゴヤキャッスル「ART NAGOYA 2018」

    京都文化博物館 別館 「ARTISTS' FAIR KYOTO」

2019  FINCH ARTS 「ここが浄土か。」

 

受賞

2015  トーキョーワンダーサイト渋谷「ワンダーシード 2015 」入選 2016  「a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2016」建畠晢 賞