egg・o0038 Maeda Kazuko solo exhibition 楽園

「住人の楽園」 M8号 高知麻紙、岩絵具

◆会期

2014年4月10日(木)~16日(水) 10:00~18:00(会期中無休)

 

◆作家来廊日

全日(都合により変更の場合あり)

 

◆展示内容

この度、「Maeda Kazuko solo exhibition 楽園」を開催いたします。

動物たちが持つ伸びやかな躍動感を表現しつつも、どこか静寂な雰囲気のある作風。

今回は「楽園」をテーマとした作品を展示いたします。動物たちの力強い生命力に溢れる作品は、見る者の心を惹き付けます。

麗らかな春の季節に是非、この機会にご高覧下さいませ。

 

<作家より展覧会へ向けて>

静かで、強く、どことなく寂げな…動物たちはふとそんな表情を見せてくれる。そんなとき私は夢中で描き、見つめる。

時折見せてくれるその表情を見ていると、 私は深く優しく包まれているような感覚を覚える。生き物の強さと儚さの両面を一枚の絵に描きたいと思う。

 

 



■プロフィール

1986年 兵庫県生まれ

2010年 京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コース卒業

2012年 同大学大学院芸術研究科芸術表現専攻日本画領域卒業

■受賞歴等

京都造形芸術大学卒業制作展千住賞・学長賞・学科賞

康耀堂美術館賞

■個展・グループ展

2011年 グループ展 銀河の会(近鉄阿倍野/大阪)('11、'12)

2012年 「京都日本画新展」美術館「えき」KYOTO(ホテルグランヴィア京都)

その他、個展・グループ展多数

 

◆著書

「150種の動物の形・動きがわかる動物ポーズ集」誠文堂新光社