egg・o 0060 山本 雄教 展 THE PEOPLE

◆会期

2017年11月23日(木)~12月2日(土) 10:00~18:00(会期中無休)

  

◆作家来廊日

11月23日(木)~25日(土)、12月1日(金)・2日(土)を予定(都合により変更の場合あり)

 

◆展示内容

1F・2F展示室 20点程度

 

この度、「 e・g・g・o 0060 山本雄教展-THE PEOPLE-」を開催致します。 手のひらにおさまる一円玉を広く敷きしめ、フロッタージュされた作品から浮かび上がる人々の生活、 あるいは人そのもの、名画、自分自身…。 山本先生の作品は見た人を引き付け、笑いを誘うこともあれば現代社会について考えさせることもあり、 多方面に魅力を持っています。見落としてしまいがちな存在から、社会や世界への拡がりを見せる 作品の数々を、大雅堂の展示場1階・2階に渡って大胆に展示します。 この機会にぜひご高覧を下さいませ。

 

<作家より展覧会へ向けて>

ここ数年硬貨のフロッタージュによる作品を制作し、その中でも群像をモチーフにしたシリーズを最近作り始めました。

そして群像のシリーズを作り始めたことで、これまでの私自身の作品の多くに、直接的にせよ間接的にせよ人々を表現す るという側面があることを改めて意識することとなりました。

本展はタイトルを「THE PEOPLE」と題し、大雅堂の1Fと2Fを会場に、1Fでは今年制作した硬貨のフロッタージュのシリー ズを、2Fにはこれまで制作してきた様々なシリーズの作品を、共に「人々」をテーマに展示します。新しい作品と過去の 作品を、そこに至る変遷とともに楽しんでいただければ幸いです。

 

<日頃の制作のモチーフやコンセプト>

一粒の米、一円硬貨、ブルーシート、そんな日常生活の中で見落としてしまいがちな些細なものから、自分の暮らす社会や世界につながっていくような感覚を得られたら、それはまさに 目の覚めるような出来事です。ミクロの世界が、様々な問題、疑問、不安、面白さ、希望を含んだマクロなものに変わっていく、そんな体験をすることができる作品を生み出したいと 思い制作しています。

 



■プロフィール

1988年 京都府出身

2010年 成安造形大学 日本画クラス 卒業

2013年 京都造形芸術大学大学院修士課程ペインティング領域 修了

■受賞歴

2012年 『ART AWARD NEXT2012 Vol.2』審査員賞(東美アートミュージアム/東京)

2013年 『京都府美術工芸新鋭展 2012 京都美術・工芸ビエンナーレ』公募部門大賞(京都文化博物館)

    『美術新人賞デビュー2013』準グランプリ(ギャラリー和田・フジヰ画廊/東京)

2014年 『TERRADA ART AWARD』優秀賞(T-Art Gallery/東京)

2017年 『第7回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展』審査員推奨     (豊橋市美術博物館)

主な展示歴

2016年 『Fake blues』(+1art/大阪)

     『山本雄教作品展』(松坂屋静岡店美術画廊)

2017年 『ストリートブルーマウンテン/STREET GALLERY=¥18560』(STREET GALLERY/兵庫)

     『見立てと反復』(ギャラリー和田/東京)

     『××××円の人』(ギャラリー恵風/京都)

     『山本雄教展』(渋谷東急本店8階美術画廊)