現在の展覧会

 eggo0075 前田 和子 展 -いのちのかたち

「蜻蛉」 Φ0号

「旅路」八角31×31cm 

■会期

2020年11月19日(木)~11月28日(土)【会期中無休】 10:00~18:00

大雅堂1F展示室

作家在廊予定日:11月19日(木)~11月25日(水)、28日(土)予定

 

■展覧会に向けたコメント

制作観

"いきもの"を描くことは命を描くことだと思っています。

生きているものにはその時その瞬間に不思議な輝きがあります。

温かく、柔らかく、心臓は力強く鼓動を打ち、一本の毛先にもなにかが宿っている。

私は昔からその不思議な輝きに魅せられ、その輝きを追いかけて絵を描いてきました。

葉にとまる虫や風にたなびく植物、躍動する動物たちの一瞬の時をとらえ、息づかいや気配まで感じるような、命のある"いきもの"の姿を描きたい。

そう思い日々制作活動を続けています。

 

作家のコメント

"いきもの"を描くとき、必ずそのものに触れるようにしています。

匂いを嗅ぎ、温度を感じ、音を聞く。

一本の毛や一枚の葉にある命のかたちをなぞり、そのものが生きる環境に身を置いてただひたすらに目の前の紙に答えを求めることで、ほんの少し今までにないものが見えてくる。

そういうところから新しい作品が生まれると思っています。

 

 

 

■プロフィール

1986年 兵庫県生まれ

2010年 京都造形芸術大学美術工芸科日本画コース卒業

    卒業制作展(京都市美術館)千住賞・学長賞・学科賞受賞

2011年 京都日本画新展(美術館「えき」KYOTO、ホテルグランヴィア京都/京都)

    画心展-selection-(佐藤美術館、東京芸術学舎/東京)

    銀河の会「千住博と若い芽たち」絵画展Ⅴ(近鉄百貨店阿倍野店/大阪)

2012年 同大学大学院修了

    京都日本画新展(美術館「えき」ホテルグランヴィア京都/京都)

    銀河の会「千住博と若い芽たち」絵画展Ⅵ(近鉄百貨店阿倍野店/大阪)

2014年 150種の動物の形・動きがわかる動物ポーズ集(誠文堂新光社)

    日本画年鑑30周年記念展覧会(鹿ケ谷法然院講堂、安楽寺 椛、ギャラリー花いろ、ギャラリー高野/京都)

    e.g.g.o0038 Maeda Kazuko solo exhibition 楽園(大雅堂/京都)

2018年 第5回 続「京都日本画新展」(美術館「えき」KYOTO、ホテルグランヴィア京都/京都)