嚆矢祭-其之百二十七-京都 絵美  展 絵画のまなざし

■作品紹介

「灵のための習作」8号P

440,000(税込)

「奥州菊」10号F

550,000(税込)

「斑椿」8号F

SOLD OUT


こちらの作品はwebからもお求めいただけます。こちらよりご連絡下さい。

(2024年2月22日現在)

■会期

2023年10月5日(木)~10月15日(日) 10:00~18:00(会期中無休)

大雅堂1F展示室

 

作家在廊予定:14日(土)・15日(日)

■展覧会に向けたコメント

このたび「絵画のまなざし」と題した展覧会を開催させていただく運びとなりました。近年は絵画に描かれるものへ向けられた眼差しを見つめ直すことを試みています。花鳥画では、自然を写しているようでありながら、実は人の手によって作られた、あるいは人の目を楽しませるよう生かされてきた動植物を描いています。また、近年意図せず「現代美人画」のブームによって作品を再解釈されることがあり、その違和感から女性像は誰によってどのように描かれて、受容されてきたのかについて学び、考えを巡らせてきました。今回は幽霊をテーマに描きます。

京都での初めての個展を大雅堂さんで開催させていただけますこと、たいへん嬉しく思っております。多くの方にご高覧賜りましたら幸いに存じます。

■プロフィール

2007年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業

2009年 東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻(保存修復日本画)修士課程 修了

 2012年 東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻(保存修復日本画)博士後期課程 修了

     博士号取得(文化財)

     東京藝術大学 大学院美術研究科教育研究助手(〜2015年3月)

2015年 東京藝術大学 大学院美術研究科非常勤講師(〜2018年3月)

2017年 大正大学非常勤講師(〜現在)

2018年 東京藝術大学 社会連携センター非常勤講師(〜2020年3月)

2020年 東京藝術大学 社会連携センター専門研究員(〜2023年3月)

2023年 嵯峨美術大学 客員准教授

 

主な展覧会

2011年 第20回奨学生美術展(佐藤美術館)

2014年 郷さくら美術館 第2回「桜花賞展」(郷さくら美術館/東京)('18年)

2015年 個展(ぎゃらりぃ朋)

2016年 「Seed 山種美術館 日本画アワード展」(山種美術館)

2017年 個展「絲」(ギャラリー・エフ)

     三越美術110周年HOPES次世代百選展(日本橋三越本店)

2018年 個展「綴」(京阪百貨店守口店)

     第4回「日本画の位相3+2」(日本橋髙島屋)

2019年 「創と造2019」現代日本絵画・工芸新作展(五都美術商連合会)

     個展「綴」(松坂屋名古屋店)

     ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019(春風洞画廊ブース)

     個展「京都絵美日本画展」(春風洞画廊)

2020年 三越特選アートセレクション:京都絵美特集(日本橋三越本店)

2021年 個展「仄明かり」(東急百貨店渋谷本店)

     個展「余情」(横浜髙島屋)

     個展「陰翳礼賛」(ギャラリー・エフ)

2022年 個展「陰翳礼賛」(日本橋三越本店)

     個展「天工-人為」(東美アートフェア・春風洞画廊)

2023年 個展「結」(京阪百貨店守口店)

 

受賞

2012年 東京藝術大学お仏壇のはせがわ賞特別賞

2016年 Seed山種美術館日本画アワード大賞

 

パブリックコレクション

郷さくら美術館、髙島屋史料館、東京藝術大学、山種美術館



■展覧会風景