村上隆の版画・ポスターの販売会は好評のうちに終了致しました。

この度、3月28日、29日の2日間だけの、スペシャルイベント、村上隆さんのエディションプリントと版画展を開催させていただきます。

この展覧会の開催には少し説明が必要です。弊廊で取り扱っております、日本画家、村上裕二先生の実兄にあたるのが村上隆さんでありまして、昨年の12月に、カイカイキキギャラリーで、村上裕二先生、実兄の隆さん、そして、実父の福寿郎さまの3人展を東京麻布に迄拝見しに行き、其処で村上隆さんに初めてお会いして、いろいろお話をするうちに、このようなイベントに発展していきました。

話の内容とは、村上裕二先生と、隆さんの東京芸大日本画科時代の話から端を発して、現代に至るまでの日本画業界、そして日本の芸術全般のお話でした。作家論、マーケット論等の中で、どうしても出てきてしまう、日本国内と国外との温度差。マーケット、作品需要の内容、税制、システム等、お話は多岐にわたってゆき、そして、流れ着いたのは、村上一族の持つ、芸術界への反骨精神のストーリーの強固さでありました。

 

裕二先生とお付き合いさせていただいてきた、10数年の中で私達2人で交わした数々の会話の中で、時に大きな疑問符を抱き、時に裕二先生が怒りを爆発させたりもし、多くの軋轢を乗り越えた経緯はありましたが、その内容の中で私が咀嚼出来なかった部分を、隆さんとのお話をきっかけにして、膝を打つような理解へのきっかけとなり、溜飲が下がって行ったのです。

 

そして最近、村上隆さんの著書を購入し、読んでいくに従って、ああ、裕二先生のあの作品、このご発言はそう言う意味だったのか、と、理解できるようになってきたのです。

 

裕二先生には甚だ失礼な長い期間を過ごしてしまいましたが、隆さん、裕二先生との、お二人のお考えからの気づきで、モヤモヤしてきた悩みがシャキーン!と、晴れ渡る気がして、最近はとてもポジティブに芸術業界のアレコレを思考出来るようになりました。

 

芸術作品そのものや、其れをつくる芸術家の頭脳、行動力、カリスマに、改めて感動し、そして、そんな中で今回の様な展示即売会が決定して、本当に夢を見ている様な気がしています。

 

兎に角、村上裕二先生のお兄様、隆さんのエディションの展示即売会は、こんなご時世ではありますが、なんとか当日、実現できたら有り難し!と、天に祈る様な気持ちの本日只今です。

 

 

庄司雅一

 

 

 

作品のお問い合わせにつきましては下記のサイトよりご確認下さい。

 

https://zingarokk.com/news/4336/

 

 

お知らせ Information

 

Twitter→ https://twitter.com/gallery_taigado @gallery_taigado

Instagram→https://www.instagram.com/gallery_taigado/ gallery_taigado

 


 

・5/21(Thu)~30(Sat)

嚆矢祭-其之百六- 新井九紀子 展 ことばの肖像

 

・6/18(Thu)~6/27(Sat)

嚆矢祭-其之百七- 松本和子 展

 

・9/24(Thu)~10/3(Sat)

eggo0074 北郷江 展

 

・10/21(Thu)~10/31(Sat)

嚆矢祭-其之百八- 上岡奈苗 展

 

・11/19(Thu)~11/28(Sat)

eggo0075 前田和子 展

 

・12/10(Thu)~12/19(Sat)

嚆矢祭-其之百九- 久保和子 展